どらまの箱

須藤どらまのブログ

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<061234567891011121314151617181920212223242526272829303108>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

ホワイト赤マン

ホワイト赤マン_001





小学校の頃、
赤白帽を「ウルトラマンっ!」とか言ってかぶってた。





でも、
ウルトラマンは基本シンメトリーだから、
左右で赤白が別れちゃうその赤白帽は厳密には違う訳で。
でも、
そんなことは当時の僕たちにとってはどうでも良い訳で。
内心「こんな模様ちゃうよね」とか思ってても、
楽しければ良かったあの頃。

赤白が左右で別れた上着の中年のオジさんを見た時、
何て言うのかな。
当時のそういういろんなもの。
思い出とかが溢れてきた。
季節のせいか不覚にもノスタルジー。
思わず後ろ姿にシャッターを切ってしまう。





『Sweet Rain 死神の精度』
金城武主演の死神の話。
邦画らしい邦画。
犬かわいいけど、テロップのフォントがダサ過ぎ(笑)
無くてもいいくらい。


『さまよう刃』
寺尾聡主演の事件もの。
自分の娘がレイプされて殺されちゃって、
犯人に復讐するって話。
とても残酷な話。
まさにタイトルの通り。
終わり無くさまよい続ける。
この作中の、どの当事者にもなりたくない。


『鴨川ホルモー』
式神バトルの話。
ちょんまげが面白かった。


『重力ピエロ』
一言で言えば家族の話。
加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香など良い役者しか使ってない。
これ以上ないくらいキレイで普通であたたかい作品だと思う。
実はずっと敬遠してたけど、
観て不覚にも、要所要所で号泣してしまった。
良い映画。
家族ものは涙腺ヤバい(笑)


『愛についてのキンゼイ・レポート』
性についての認識が曖昧だった時代、
生物学的に男女の性について研究・発表した人の話。
もっと過激な内容なのかと思ったらそこまででは無かった。
話も「だろうなぁ」という感じ。
でも、
この人が居なかったら未だに間違った通説が、世に蔓延っていたことは確かなのだろう。


『サイドウェイズ』
ハリウッドの同名映画の日本版。
小日向文世、生瀬勝久、鈴木京香、菊池凛子出演。
中年同士の青春懐古録?
ハリウッド版を観てないので何とも言えないけど、
いかにもフジテレビといった感じが拭えない。
スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

no title

さまよう刃
ちょっと分厚いけれども原作も時間があれば是非
全く違うエンドが
また悲しいです。

はらしまり|2010/10/28|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
PROFILE

doramasudou

Author:doramasudou
須藤どらまです。
劇団鮫軟骨所属で、
役者したり、ラジオしたり、イラストしたりしてます。

NEW DIARY
NEW COMMENT
MONTHLY ARCHIVE
CATEGORY
RSS
SEARCH
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
QRコード
copyright © どらまの箱. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。