どらまの箱

須藤どらまのブログ

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<041234567891011121314151617181920212223242526272829303106>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

ホントとのトコは、隠されてる。

絵画001





朗読劇の稽古も、ちょいと一段落。



戦争を題材にしたものなのですが、

日本が隠してきた真実を扱った朗読劇。

その事実を知る度に、

ボクは何か切なさの様なものを感じずにはいられません。



これまでも、

戦争がテーマの舞台は観てきたし、特攻隊の役で舞台に立った事もあります。

特にこの季節、多くの役者仲間も戦争を題材にした舞台に立っています。



ですが、

この朗読劇に出てくる事実を、ボクは知りませんでした。



日本が捨てて、

そして、

隠してきたもの。




戦争を経験した方や知っている方、

知らない方、

戦争を題材にした舞台に出演した役者仲間のみんな、

老若男女、

様々な方に観にきて欲しい朗読劇です。



内容も全部で45分程なので、気軽に観れます。

どうぞよろしくお願いします。





第10回 平和を祈る演劇祭



朗読劇『空にはきらきら金の星 〜落雀の候〜』
作・演出 上野火山(空中スケッチ)




【入場料】
大人:1,000円
子供:500円




【日程】
08/22(金) 17:00〜17:45
08/23(土) 15:15〜16:00




【会場】
保谷こもれびホール(小ホール)


東京都西東京市中町1-5-1 保谷駅より徒歩15分
※詳しくは《保谷こもれびホールオフィシャルサイト》をご覧下さい



【あらすじ】
忘れられた戦争がありました。それは女たちの戦争。
ある元兵士の男が戦後50年近く経ってからこんな事を言いました。
「馬と鉄砲、それから…『女』を捨ててきた…」
たとえ国家の歴史が目をつむり、忘れ果てたとしても、
忘れてはならない人たちがいる。
親に捨てられ、国に捨てられた人たちがいる。
戦争という狂った時代に、日本人が同胞に何をしたのか。
そして、何をしなかったのか。
スポンサーサイト

TB:0CM:0edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

comment form

管理者のみ閲覧可能
PROFILE

doramasudou

Author:doramasudou
須藤どらまです。
劇団鮫軟骨所属で、
役者したり、ラジオしたり、イラストしたりしてます。

NEW DIARY
NEW COMMENT
MONTHLY ARCHIVE
CATEGORY
RSS
SEARCH
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
QRコード
copyright © どらまの箱. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。