どらまの箱

須藤どらまのブログ

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<091234567891011121314151617181920212223242526272829303111>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

マッドドッグ

犬_001





犬の妖怪もいる。





名前は犬神。
犬の神と書いて犬神。
何とも仰々しい。


でも、猫又と違ってかなり曖昧な妖怪。
一般的には狐憑きの類とされていて、
犬が妖怪になったものではなく、犬の霊が人に取り憑いて何か怖いよっていう現象。


もっと遡っていくと呪いの一種に分類されていて、
飢餓状態にした犬をギリギリまで生かして、
死ぬ寸前に餌を与え・・・ようとする直前にその犬の首を切る。
そうして死んだ犬は成仏しないで呪いという形で残る。
これが犬神。
コイツを使役していろいろ呪いをかけるらしい。

まぁ、

この説も統一されてなくて、
使役するんじゃなくて呪いにかかるんだとか、
呪いじゃなくて幸福になるんだとか、
ほんと曖昧。





オレの好きな鳥山石燕の『画図百鬼夜行』には、
ある猟師が木の根元で休んでいた。
すると突然一緒に連れていた飼い犬が、
「わんわん・・・!わんわんわん・・・!!」
「うるせぇな」
そう思った猟師が飼い犬の首を切り落とす(←!)と、
首だけになった犬が勢い良く飛んでいき、
「がぶぅ・・・!」
木の陰に隠れていた毒蛇に噛み付いて食い殺した。
猟師は毒牙から救われたのだ。
猟師は驚嘆して敬服。
その飼い犬を供養し祀ったのが犬神となった。


何で首切ってんだとは思うけど、主人に従順な犬の特性が出ていてちょっと良い話?
少なくとも呪いよりは。





他にも、
山の麓に住んでいる住人が、
山からたびたび降りてきては畑を荒らしたりして害をもたらすイノシシに悩んでいた。
そこに偶然居合わせた高名なお坊さん。
「そのイノシシ。私が何とかしましょう」
そういって懐から紙と筆を取り出し、何やらサラサラとしたためる。
それに封をして村人に渡して、
「これを門に貼りなさい。もう、イノシシに悩まされることはないでしょう。
・・・ただし。いいですか?この封を剥がして中身を見てはいけません。効力がなくなってしまします」
言われた通りにすると、イノシシによる害はなくなった。
しかし、何がどうしてイノシシが近寄らなくなったのか不思議に思った村人は、
その封を解いて中身を見てしまった。
するとそこには犬の姿が描かれた紙が入っていた。

と、

次の瞬間。
その犬の絵は紙から躍り出て実体となり、どこかへ飛んでいってしまった。
これが犬神。

つまり、犬神は人によって作られたもの。
しかもこれを書いたお坊さんはあの弘法大師。

このエピソードが主流だったら、“神”ていう名前にも納得出来る。





実際の動物としての犬は、
人間の家族だったり友人だったり相棒だったり・・・親密な関係。
でも、この妖怪は違う。
怖かったり神聖だったり、何か近づきがたい。
普段とは違うことっていう恐怖から産まれた妖怪なのかもね。
飼い犬に手を噛まれるの究極形。
飼い犬に全部呪われる(笑)
でも、
飼い犬ほど弱い生き物もいない。
飼い主が面倒みないと彼らは生きていけないもんね。
生き物の面倒はしっかり見ましょうね!
って話。





そういえば都市伝説で人面犬がいるけど、
彼は犬が妖怪になったんじゃない。
人間が犬になった妖怪。
見た目が犬ってだけで、彼はほとんど人間。
『学校の会談』シリーズのきたろうさんの人面犬は最高だったなぁ。

「みてんじゃねぇよ」
スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

comment form

管理者のみ閲覧可能
PROFILE

doramasudou

Author:doramasudou
須藤どらまです。
劇団鮫軟骨所属で、
役者したり、ラジオしたり、イラストしたりしてます。

NEW DIARY
NEW COMMENT
MONTHLY ARCHIVE
CATEGORY
RSS
SEARCH
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
QRコード
copyright © どらまの箱. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。