どらまの箱

須藤どらまのブログ

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<041234567891011121314151617181920212223242526272829303106>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

カミカクシ

劇団無敵_009





不思議体験をした。





毎週楽しみにしている週刊少年ジャンプの発売日。
小学校を卒業してから毎週欠かさず購読し続けているジャンプ。
図書カードの残額が\300くらい残っていたので駅前の本屋へ自転車を走らせる。
店員さんに手提げ袋に詰めてもらい、自転車のハンドルに掛ける。
そのまま自宅へ。
しばらくして手が冷えるなぁと思ったら、手袋をポケットにしまったままだった。
信号が赤だったので、止まって手袋を出す。
両手がハンドルから離れるので、ジャンプの入った袋を気にしながら手袋をはめる。
信号が青に変わる。
自転車を走らせる。
自宅に到着。
自転車から降りる。
ジャンプの入った袋・・・が、ない。

「えっ」

とにかく来た道を引き返す。
無い。
何度も来た道を行ったり来たり。
3~40分くらい。
でも、無い。
「手袋の時はあったのに・・・」
ついにボケたか、とも思ったが、
何をどう考えても、あったものが気付かないうちに消えている。

「うわぁ」

気持ちは全然納得してなかったけど、毎週楽しみにしているジャンプの購読欲が勝り、
コンビニで小銭で購入。
読み終わった今はもうどうでも良い事になってる。





これがいわゆる怪奇現象の一種かどうかはわからないけど、
毎年一回は不思議な体験をしてる。
そういえば母親も田舎の茨城に居た頃、不思議な体験をしたらしい。
幼少時代。
田んぼの畦道を歩いていたら、道の脇に白く光る物が。
それはその頃の母と同じ位の背丈で、
近づいてみると、まるでニンジンのようであったという。
本来地面に刺さっているはずのニンジンが、丸ごと地表に垂直に飛び出し、
肥大化し、かつ白く発光している。
近所の誰かに知らせようとその場を去ろうとし、
少し離れて気になって振り向くともうその姿は無くなっていた・・・





母親は天然ではない。
公務員である。
したがって普通である。
したがって自分も普通である。
大学に入り立ての頃に経験した、自分の不思議体験もいつか載せてみたいと思う。
あと、マグマで火は燃やせないと思う。
スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

no title

不思議体験ききたいな

かねしろ|2010/02/09|edit
no title

結構下ネタ。

はらこ(須藤)|2010/02/09|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
PROFILE

doramasudou

Author:doramasudou
須藤どらまです。
劇団鮫軟骨所属で、
役者したり、ラジオしたり、イラストしたりしてます。

NEW DIARY
NEW COMMENT
MONTHLY ARCHIVE
CATEGORY
RSS
SEARCH
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
QRコード
copyright © どらまの箱. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。