どらまの箱

須藤どらまのブログ

freeareamenuentrycalendartopadmin

<<071234567891011121314151617181920212223242526272829303109>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

観てばっか。

アリスの愛はどこにある_001





07月にまた、事務所公演の芝居に出ます。
宣伝は追々。





その関係で、
先日、同事務所プロデュースの公演『アリスの愛はどこにある』のゲネを観させてもらいました。
06/16(水)~20(日)の日程で、
アイピット目白という劇場でやってます。
この劇場は、
以前『パパ・アイ・ラブ・ユー』でお世話になったところですね。
事務所とは関係無しに。
少し運命感じますね。
諸先輩方が気合い十分で熱演しているので、是非足を運んで下さい~。



この帰りに、
同じ事務所の知り合いが出てる芝居を観に行きました。
場所は、新宿ゴールデン街劇場。
衆団うごがご第一回公演『愛の鼎』。
何やら旗揚げ公演らしく、
しかも公演はこの日(06/16)の一回きり。
内容は・・・う~ん・・・知り合いの子には悪いけど、
お世辞にも観れたものではなかった・・・
演出家の人、舞台をなめたらいけないですよ。
たぶんもう観に行かないです。



DVDも鑑賞。



『なくもんか』
宮藤官九郎と阿部サダヲのタッグ作品。
映像の阿部サダヲは何か違和感あるなぁ・・・なんて思ってたけど、
やっぱり、彼は面白い!
大好き!
でも、
舞台の方が面白いかな~。



『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』
小池徹平主演のタイトル通りの映画。
メッセージ性は感じる。
でも、やっぱ『電車男』の延長線上にあるような気が・・・
というか、わかりきったことを今更伝える必要もないのでは?



『羊たちの沈黙』
レクター博士をアンソニー・ホプキンスが演じた事でお馴染みのホラームービー。
改めて観ても、やっぱり良い。
当時のジョディ・フォスターは本当に可愛らしいね。
博士が興奮するのもわかる(笑)



『ハンニバル』
『羊たちの沈黙』の続編。
前作でジョディ・フォスターが演じたクラリスを、ジュリアン・ムーアが演じている。
彼女もキレイですね。
僕はありだと思います。
脳みそを食べさせるところは「いやいやいや」と思いつつも、
レクター博士ならもう何でもありだな、と思わせてしまう。



『ゲットスマート』
スティーブ・カレル主演のスパイ・アクション・コメディー。
普通。
下品ではない。



『フェイク』
アル・パチーノ、ジョニー・デップのダブル主演。
マフィア映画。
アル・パチーノはもちろんマフィアで、
ジョニー・デップは潜入捜査官として、そのマフィアと接触していく。
真実と虚偽の狭間で苦悩する潜入捜査官。
正義って何?正しい事って・・・なんてことを考えさせられてしまう。
しかも、実話らしい。
普通のマフィア映画とは一味違う。
何よりアル・パチーノが泣かせる・・・ジョニー・デップとの友情はヤバい。



『エレファント・マン』
母体にいる時に、像の群れに轢かれてしまったために、
重度の奇形児として誕生した、一人の青年の話。
そのあまりの醜悪な外見のために“エレファント・マン”と呼ばれていた。
見世物小屋で彼を見かけた外科医フレデリック・トリーブス(演:アンソニー・ホプキンス)は、
彼を診察・研究するために、見世物小屋の主から彼を引き取る。
最初は白痴だと思われていたが、
言葉を理解し、聖書を暗唱も出来る、芸術に深い造詣のある心の美しい青年であることがわかっていく・・・
僕が小学校の時に、母親からこういう映画があるということは聞かされて知っていたが、
その時の印象とは違った。
恐怖映画かと思っていたが、とても良い話。
しかもこれ、ジョゼフ・メリックという実在の人物の半生なのだそうだ。
医者は医者でも、善人のアンソニー・ホプキンスもイイなぁ~。
何より若い!
かなりダンディ!!



『トッツィー』
ダスティン・ホフマン主演のコメディー映画。
役者としての才能はあるが、その態度故に売れない役者の主人公。
自分を売り込むために、女装してオーディションへ。
見事に役を勝ち取るが・・・
王道のコメディー。
面白くない訳がない。
そして、ダスティン・ホフマンの女装は見事という他ない。
脱帽・・・(笑)



『12モンキーズ』
テリー・ギリアム監督のSF映画。
ブルース・ウィリス主演。
ブラッド・ピットも出てる。
あらすじは、
殺人ウィルスによって地下に閉じ込められた人類が、
窮地打開のために、ブルース・ウィリス演じるジェームズ・コールを過去へ転送。
ウィルスの原因を究明する旅へ。
しかし、過去と現在を行き来する度にジェームズに異変が・・・次第に明らかになっていく真実・・・
はたして12モンキーズとは?!
という、SFの王道をいっているのだが、
この作品の面白さは観ないとわからない。
さすがテリー・ギリアム・・・!
ブラピの怪演も必見っ。
目がイっちゃてます(笑)





観てばっかだなぁ~。
明日、明後日も芝居へ。
まぁ、
つかの間の休息。
これも有りか。
スポンサーサイト

【広告スペース】ブログランキング・広告掲載スペース

comment

no title

あれ?
『アリスの愛はどこにある』って
油の同級生が出てるやつだ…笑
これのチラシとかの絵も描いてるって言ってたよー
いやー世の中狭い!

おーの|2010/06/19|edit
no title

マジか?!
狭いっ!

はらこ(須藤)|2010/06/19|edit

comment form

管理者のみ閲覧可能
PROFILE

doramasudou

Author:doramasudou
須藤どらまです。
劇団鮫軟骨所属で、
役者したり、ラジオしたり、イラストしたりしてます。

NEW DIARY
NEW COMMENT
MONTHLY ARCHIVE
CATEGORY
RSS
SEARCH
MAIL

名前:
メール:
件名:
本文:

QR
QRコード
copyright © どらまの箱. all rights reserved.
powered by FC2.
iiipc07webmode design by I.テンプレート更新状況をお伝えする画像のため削除しないでください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。